2016年7月のお題「七夕の願い事」

今月のお題は「七夕の願い事」です。

星が見られる夜がたくさんありますように。

七夕の夜は結構な確率で雨模様な気がしますが、電気の明るさが夜の星を見えなくしているそうです。地球の夜側は都市部はぴっかぴかに光っているのですね。

私たち人間も、もう少し動物らしく生きる暮らしに戻った方が幸せに暮らせるのではないでしょうか?

お日さまの明るさと共に起きて、日が沈んだら寝るような生活をみんなが行えば、夜中までサービスが求められることが減り、緊急対応の仕事についている人以外は残業も減って働きやすい社会になるのではないかなと考えます。夜にあかあかとともす電気のためにエネルギーを無駄に作ることも減って地球に優しくなるのではないでしょうか。

星が見られる夜は、気持ちも癒されてよい眠りにつけそうですよね。

  • いいね(4)