シニア犬のトイレトレーニング④

トイレトレーニングパート③

の続きです|ૂ•̀ω•́ )

トイレトレーニングパート④では

・床材の工夫

・トレーニングの継続

のお話です( `ω´ )

 

 

床材の工夫

ペットシーツの感触は

確実に覚えてきてたのですが

シーツが薄手の物だからか、

前足はペットシーツに乗ってるけど

そのままおしっこして

全部シーツの外にという事が

続きました(тωт`)

05bbf49e-935a-48e4-9659-65831520c360

いくらペットシーツを広めに敷いても

敷いてある端っこに前足を乗せて

おしっこしてしまう

 

どうしたもんかと悩み

パピーケアスタッフに相談したところ、

「ペットシーツの下にタオルを敷いて

質感をはっきり変えてみると

分かりやすくて良いかも」と

アドバイスを貰いましたˎˊ˗

 

試しにバスタオルの上に

ペットシーツを敷いてみると

その方法が効果的面ヽ( °ω° )/♡

 

ペットシーツの上に乗ってから

前足で感触を確認するように

ちょんちょん、と床を触り

3d708052-10f1-4cf9-bc52-3f09e6621ebc

タオルが敷いてある所に

もう一歩前に進んでからおしっこをする

という行動が見られるようになりました

 

たまに、ペットシーツの淵や

二枚重ねてある隙間から

バスタオルに滲み出てる事があるので

乳児用の防水マットなどで

代用すると掃除が楽になるな

と思いました(  ˙꒳​˙  )

 

 

トレーニングの継続

トイレトレーニングを始めて

3ヶ月ほどが経過しました

今ではペットシーツへの成功率9

ベッドの中でおもらし1

といった感じで

尿意に気付いて起きれた時は

ほぼ100%成功しています(°ω°)

aded0ae2-a3b7-4d93-a549-21b790f840e1

夏場なので暑くないように、と

エアコンの設定を低くしていると

身体が冷えてしまうのか

ベッドの中でおしっこしてしまう日が

続いたことがあったので

暑くならず快適に過ごせる温度に

設定を見直したところ

おもらしはなくなりました(´-`

 

失敗してしまう原因は

大体飼い主側にあるんやなぁ…( ´` )

と反省&学習の日々です

 

覚えさせたらそれで終わりではなく

毎日、毎回、しっかり褒めること、

失敗してたら何が悪かったのか考え

改善していく事が大切ですね

 

 

おうちトイレを覚える前は

お留守番が長くなると

大慌てで走り回り我慢しきれずに

おしっこするという感じでしたが

室内トイレが出来るようになった事で

お留守番の時間が長くなってしまっても

「ここはおしっこして良い

場所ですね(U)」という感じで

落ち着いておしっこをして

またハウスに戻る姿が見られるので

トイレに行きたい!という

ストレスを減らしてあげられた

ように感じます(˘˘)

 

成功の度に沢山褒めて、

失敗の度に改善していきながら

ムクと頑張っていこうと思いますˎˊ˗

5b21a67a-8ad2-46fc-b15e-36aa4fae3b34

長くなりましたが

【シニア犬の

 トイレトレーニングシリーズ】

読んでくださった方々

ありがとうございました(。・ω・。)

 

  • いいね(79)