熱中症の危険性

梅雨が明けて一気に夏がきましたね!

昼間は30℃近い日が続き、

熱中症の危険性が非常に高い

季節になりました(  ᷅ὢ  )

 

人と同じ様に熱中症は死亡率が高く

救命出来ず亡くなってしまう子が

沢山いるのが現状です

 

熱中症が起こりやすい環境として

・車内に置き去り

・屋外飼育

・炎天下での散歩や運動

・空調のついていない室内

が挙げられます

毎年こうした場面で熱中症になり

亡くなってしまう子がいます

他人事と思わず、

今一度気を付けていただき

今の生活で見直すべき点はないか

確認してもらえると嬉しいです( ´` )

 ◎

車内放置は絶対にしないこと、

外飼いの子はなるべく屋内へ、

移動が難しければ涼しい日陰で

飲み水を沢山置いておくこと、

日が照っている時間帯の運動は避け

お散歩はアスファルトが冷えてから、

室内だから大丈夫と思わず

エアコンで室温を下げる、など

熱中症は飼育者の管理ひとつで

防げる事故です

愛犬、愛猫を守る為にも

皆様お気を付けください( `ω´ )

高齢犬は体温調節機能が落ちる為

一度体温が上がってしまうと

下げるのに時間がかかり

熱中症になりやすくなります

 

最近は朝も暑いので

15歳になるムクの体調を考慮して 

朝散歩は毎朝6時起きになり、

3人とも寝ぼけながら

お散歩しています( ´O` )°゜

9c22126b-aa38-432e-a318-dab23d88b583

本人はお散歩が好きで

楽しそうにしているので

暑いから、歳だから、と言わず

なるべく運動の機会は維持して

筋力維持に努めたいと

思っています┗(^o^)┛

6e034255-cffe-4b03-b251-53aaa763cbbb

お気に入りのお散歩用帽子を

洗濯して乾燥をかけたら

しわくちゃになってしまい…

とりあえず被せてみたら

満更でもないムクさんでした( ^p^ )

  • いいね(73)