寝床の環境整備

犬は高齢になってくると

1日の睡眠時間が15~19時間と

とても長くなります

若い頃であれば外の物音や車の音、

チャイムの音などに反応して

起きてくる事があったと思いますが

歳を重ねるにつれて聴覚も衰え

外部の音への反応は鈍くなります

その為多少近くで物音がしていても

気付かずに深く眠る事が増えてきます

・若い時と比べて寝ている時間が増えた

・物音で起きる事が減った

・1日の大半を同じ場所で過ごしている

この様な場面を見かける事がある場合は

寝床の環境整備のタイミングです

我が家のムクさんも私が仕事の間は

基本的にお昼寝をして

お留守番をしてくれていて

たまに起きてきて水を飲む程度なので

長時間の睡眠でも

体が痛くならないように

ユニチャームペットProの

「介護用マット」を購入しました◎

人間と同じで寝返りを打つという動作も

段々と難しくなってきて

褥瘡(床ずれ)のリスクが高まります

このマットは褥瘡の原因となる“体圧”を

満遍なく分散してくれる物なので

骨張った部分に

体重が集中してしまう事を

防いでくれます(`•ω•´)

じゃあどんなベッドを買えばいいの?

というポイントとしては

・自力での起立や歩行が可能

→高反発(起立時に支えとなる硬めの物)

・寝たきりの犬

→低反発(体を包み込む柔らかい物)

となりますが個々の栄養状態によっても

適切な物はかわってくるので

難しいです( ˘•ω•˘ )

ユニチャームペットProは

上が低反発層で(細くて柔らかい繊維)

柔らかく体を包み褥瘡や

長時間寝たきりによる体の痛みを予防、

下が高反発層で(太くて硬い繊維)

底付きを予防し

起立時の補助を担っています

使用するのに最もオススメなのは

寝たきりになっている子です

自力での寝返りが困難になると

褥瘡のリスクはぐんと高まります

出来てしまってからでは

消毒通院が必要になり

金銭的にも体力的にも大変です…

褥瘡予防での大切なことは

「褥瘡をつくらない環境づくり」

「栄養状態の改善」

です(。•ㅅ•。)

更に大型犬や体重の重たい子など

肘や踵の部分が硬くなっている

ような子にもお使い頂けます

高齢期(8歳以上)に差し掛かると

環境の変化を受け入れる事が

段々と難しくなってきます

その為こうした1日の大半を過ごす場所の

整備というのはなるべく早めを

おすすめしています

変化を受け入れられるうちに

適切な物に変えてあげる事で

褥瘡や関節炎、

蒸れから起こる皮膚炎などの

予防にも繋がります( ˘꒳˘ )♬

ちなみに体重10キロ程の

ムクが使っているのは

中~大型犬用サイズで

横に寝転んでも余裕があります₍ . ̫. ₎

正直、安くはありませんし

市販の物のような可愛さもありませんが

機能面では非常に良い物だと思います

購入するまで数ヶ月悩みましたが

これから先3年、5年と使えて

高齢犬につきまとう様々な病気の

予防が少しでも可能と考え、

更にこんな風に心地良く眠る

寝顔をみれると

買ってよかったなと

思っています( ◜௰◝ )♡

ユニチャームペットProの

介護用マットは

病院で購入可能ですので

気になる方はスタッフまで

お声がけください| ᐕ)⁾⁾

  • いいね(60)