熱中症

梅雨明けした途端、猛暑日が続き

外に出るのも嫌になりますね…(:3_ヽ)_

これだけ暑い中、外で飼育している犬猫や

短頭種、肥満体型、高齢犬などは

熱中症になる危険性が非常に高いです

玄関先や日陰になる場所に移動させ、

サーキュレーターやスポットクーラーを使い

"生活空間の温度を下げる"工夫を

してあげてください( ¨̮ )☆

日中のアスファルトは50〜60度にもなり

肉球の火傷や地面の照り返しによる

体温の上昇は避けられません

ムクは13歳でシニア犬なので

熱中症やそれに伴う体調不良は

命取りになると思っています

なので、朝は日が昇って暑くなる前に、

夕方は日が沈んで地面と空気が冷えてから

散歩に行くようにし、

散歩に行く前にクーラーの温度を下げ

部屋を冷やす工夫もしています٩( ᐛ )و

普段の生活スペースで起こるものだけでなく

車内での熱中症も命に関わります

例年、親が子供を車内に放置し

子供が亡くなってしまうという

事故が起こっていますが、

犬猫でも同じような事故は起こります

少しコンビニに行く15分間、

友達と喋っていた10分間、

忘れ物を取りに帰った5分間、

車内に置き去りにすることで

熱中症になり死亡する可能性は

非常に高く危険です

動物病院やトリミングなど、

一緒に出かけないといけない時には

犬を車に乗せる前にエンジンをかけ

冷房を強めて車内温度を下げておく事で

熱中症のリスクを減らすことが出来ます

「お出かけ」という事に興奮したり

緊張している犬猫は普段よりも

体温が高くなりやすいので

車を離れる用事があるなら

犬猫は連れて行かないというのが一番ですが

どうしても犬猫を連れて行く必要があり

車を離れないといけない時には

誰か一人家族が車に残りエンジンは切らずに

エアコンの温度を20度前後まで下げて

人が寒いと感じるくらいに

車内温度を下げてあげてください

通常よりもパンティングが多く

ぐったりして立ち上がれないなど

初期症状は様々なので怪しいと思ったら

犬猫を日陰に移動させ体を水で濡らし

動物病院へ連絡、体を冷やしてもらいながら

すぐに来院をお願いします

熱中症が進むと全身の臓器に影響が及び

僅か5〜10分でも死に至る病気です

普段の様子との違いや飼育環境、

日中の暑い時に運動をさせないなど

飼い主の管理によって防げるものです

なってしまってからの対応ではなく

熱中症にならないように

気をつけてあげて下さい(*`・ω・´*)

  • いいね(74)