シニアのしつけ

食欲旺盛で毎食きちんと完食する

健康シニアなムクですが

がっついて奪いに来る事はしない

紳士柴でもあります(っ˘꒳˘c)

大好物のきびなごの袋を開けて

「どれにする?」と言うと

覗き込んで少しの間考えます(・ω・*)

( ᐡ ᐧ ﻌ ᐧ ᐡ )「どれにしよう…」

考えたあとスッとおすわりをして

きびなごを凝視します

( ᐡ ᐧ ﻌ ᐧ ᐡ )「これしたら貰えたきがする…」

というのを毎食繰り返して

声をかけていくうちに

こちらが座って欲しいタイミングを

理解して行動に移してくれるように

なりました\(^o^)/

ほんと賢いな~と

日々思います( *´꒳`*)੭⁾⁾

しつけは子犬の頃だけだと

思われがちですが

何歳でも、何歳からでも新しい事は

覚えられます( ・̀ω・́ )

特に10歳以上のシニアと呼ばれる

年齢の子達に対して

もう必要ないからと

オスワリやマテをさせずに

ご飯をあげてしまう事が

あるかと思いますが

飼い主側がなあなあにしてしまっては

犬もなあなあになってしまうので

改めてしつけを見直し

ご飯の前、散歩の前には

オスワリやマテなどの

コマンド(指示)を通して、

コミュニケーションを

取るようにしてみて下さい(^O^)

出来ない事を叱って

何度もしつこくやるのではなく

犬とのコミュニケーションの中で

いちばん大事なのは

出来た時に

「「大袈裟に褒める」」

「「いっぱい撫でてあげる」」

「「大好きなおやつをあげる」」

というポジティブな

コミュニケーションを

取ることです(^_^)

高齢になってきた犬にとって

必要なしつけのレベルというのは

・横にキッチリついて歩く

・全てのコマンドに素早く対応する

といったものではなく、

歳を重ねるに従って生じる

生活の中での不自由を

少しでも減らし

飼い主と犬、双方のストレスを

軽くすること

かなと思っています

大好きな飼い主に褒めてもらえるという

脳への良い刺激は老化を防ぎ

認知症のリスクも下げることができます

是非やってみてください(◜ᴗ◝)♡

  • いいね(50)