企画展示

先月、大学で専攻していた学芸員課程の企画展示があり、宮崎まで見に行って来ました🐾

  

    

私達の時は熊本地震を題材にして、ペットとの同行避難や避難所での生活、東日本大震災との違いなど幅広く展示内容を設定していましたが、今年は「避難所」という限定されたテーマに沿って作られていました( `•ω•´ )
 まず始めにペットとの同行避難について書かれたパネルが目を引きました。とても上手に段ボールで猫が作られていて、手先の不器用な私には考えられないクオリティで思わず感心してしまいました:(っ`ω´c):

  

そして、マイクロチップについても書かれていました!実際のマイクロチップの大きさやどのような手順で埋め込むのか、そしてそれが災害時にどのような効果を発揮するのか、という点をとても分かりやすく説明されていました💡


  

更に進むと、今までの被災地での避難所で上がった声が吹き出しパネルになっていました。

健常者だけでなく、ハンデを持った人の意見というのはとても新鮮で、改めて気付かされる事・考えさせられる事が沢山ありました(´-`).。oO

 災害時に浮き彫りになる様々な問題点を、パネルの文字だけでなく、マネキンや現場の再現、目に見える形で視覚情報として捉えてもらえるような工夫が沢山なされていて、とても分かりやすい展示になっていました🎈

  

いつ来るかわからない災害だからこそ、普段からの備えがとても大切になります⛑分かっていてもなかなか現実味がなく心の何処かで「(´-`).。oO(ここは大丈夫」と思ってしまいますよね😵

  

私達が企画展示を作った時に参考にした環境省が定める「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/full.pdf)」は、すごく量が多くて読むのも飽きてしまいますが、とても大切な事が書いてあります…!

  

もし良ければ一度読んでみてください(^_^)

  • いいね(19)