夏休みの思い出

夏休みの思い出で特に濃ゆいのは高校1年生の夏合宿です…!小学6年生からずっとバレーボールをしていて、高校は当時県内1位だった強豪校に進学しました(`・ω・´)
…が、中学の時の部活は遊び半分みたいな時期があったので、高校の練習レベルの高さについていけない毎日でした(´;ω;`)
        

  
更に高校1年生の時に外部コーチとし来てくださっていた方の練習メニューは本当にキツくて、立てなくなったり鼻血が出たりするのは日常茶飯事、一日の練習が終わる夜にはもはや記憶がないくらいでした(笑)
        

  
更に風通しのあまり良くない環境なので体育館内の気温はとっても高く、一日に着替える練習着は4〜5枚、膝や肘につけるサポーターは雑巾のように絞ると汗が出てくるほどでした…(汚い話スミマセン(´*ω*`))

        

ヘトヘトになりながら帰り、駅まで迎えに来てくれる母に「もうあんな練習キツすぎる耐えられへん〜〜〜」と毎日のように半泣きで弱音を吐きながら帰っていたのを覚えています…。°(°`ω´ °)°。  

       

当時は怪我も多く大変なことも沢山ありましたが同学年が13人いたという事もあり個々のキャラクターが強くぶつかりながらもまとまっていき、インターハイや春高バレーに出場でき、とても良い経験になりました(*`・ω・*)

久しぶりにバレー部のみんなに会いたくなりました(´,,・ω・,,`)

  • いいね(11)