2013年3月

「卒業式の思い出(小学校)」

忘れもしません。小学校の卒業式は「水疱瘡」にかかり、ものすごい高熱で出席できるかどうかの状態でフーフー言ってました。親がこんな状態やったら無理やろって言ってた中、当時の担任の先生がなんとか出れませんかとわざわざ家まで電話をしてきてくれて、なんとか出席。でもその場で多くの友達と別れて会えなくなることを思えば、無理してでも参加したことはいい思い出ができたと思います。今だとそういう伝染病のときって登校したらいけないんですかね?いろんなことが当時の学校では緩かったと思いますが、それはそれでよかったんじゃないでしょうかねぇ。若干今の教育体制には物申すところもありますが、保護者側にも問題あることが多いような気もします。結局、信頼関係ってのがこの世の中で薄れていっている結果じゃないでしょうか。

  • いいね(1)