2014年4月15日

病院ホームページのスタッフ紹介の更新時期になりました。実は今回のお題を出したのは私なんですが、お題を出しておきながら今頃更新とはこれいかに?(すみません)お題を出したことで満足してしまったのか・・・いやいや言い訳してはいけませんね。お花見の出店で好きなものって・・・別にお花見のときだけ特殊な屋台が出ることもありませんよね(笑)。ということで出店一般の話ということでご了承ください。出店大好き人間としては、ついつい生まれ育った京都とやってきた福岡を比較してしまいます。福岡に来たときに初めて見たのは焼き鳥屋さん?豚バラとかいろんな種類があってごっつい串に刺されているやつですね。うちのスタッフに聞くと「昔からありますよ〜。学校の帰りとかにも買い食いとかしてました〜。」ですって。学校帰りに大串を買い食いしている風景って・・・かなり男前ですね(笑)。後はハンバーグくじ?なんだかパチンコみたいなくじで、落ちたところで本数が決定されるタイプですね。大当たりは3本だか5本だか。昔、京都にあった水飴のやつはルーレットで本数が決まるってものでしたが、どっちにしてもこの当たりが本数もの・・・そんなにいらねえって(笑)。他にはラーメンの屋台とか土地柄ですよねぇ。もちろん梅ヶ枝餅もこっちにしかありません。最近、京都の出店を見ることは無いんですが(ここからはわかる人間だけがつっこんでくれたらいいです)、当時はタコせん(顔くらいある大きなオレンジ色の薄いせんべい(?)にソースを塗って、鰹節と青ノリの粉を振りかけて食べます)、冷やしアメ(シナモン味の甘い汁)、串カツ(犬の肉と噂されるやつ)、ヒヨコ釣りにカメ釣りにヤドカリ釣り(世界残酷物語(笑)、この業界にいると裏事情もしっかりわかりますのでぜったいやらない(笑))、ベタ焼き(いわゆるペラペラのお好み焼き。広島風のそばのないやつ。最近よく見かける大阪焼きってシロモノは昔は無かったですよね。あれは無いわ〜。このネーミングは大阪人が見たら怒るかも(笑))などなど豊富にいろんなものがありました。今はキャラクターくじやゲームくじですけど、当時のくじは動物くじ(確かウサギとかいたぞ??当たっても親にどうするんだって確実に言われ、持って帰れないのに何でひくんだ?(笑))とか奇抜なものがあり、また普通に物が当たるくじでも東京タワーの置物とかジッポーのライターとか・・・いらんやろ(笑)。子供にライター渡して、このくじ屋は不良養成所か(笑)。後はこっちでもたまーに型抜きとかカルメラ、生姜板、こぼれ梅なんてマニアックな物を見ますがレアかなぁ。リンゴ飴も最近はいろいろバージョンがありますが、別バージョンを始めてみたのはミカン飴ですね。当時300円くらいしたリンゴ飴は高嶺の花で、100円で買えたミカン飴は重宝でき・・・たのですが、いかんせん食べにくい。かじったとたん汁が噴き出し箸から滑り落ちる(笑)。まぁとにかく出店の商品、子供にとって全てがネタになってたのは間違いありませんね。

  • いいね(0)