[獣医師]古沢 幸代

シニアこそ 外部寄生虫予防はしっかりと

image-1

この画像 何?と思われたと思います。
実はコレ、私が自宅(折尾のマンション6階の室内)で3月27日に撮影した画像です。
うちの柊の大好きなノミのぬいぐるみと『蚊』です。

やはり九州ですので、気温が上がってくると3月でも室内に蚊が発生します。

皆様よくご存じの通り、犬の心臓に巣喰うフィラリアは蚊が媒介する寄生虫です。
蚊をお住まいの地区で見かけたら、その1ヶ月後にはフィラリア予防を開始しよう!と覚えておくといいと思われます。というわけでうちの柊の今年のフィラリア予防開始は4月27日に決定☆です。

シニアになってくると外出することも少なくなり、室内だけだから予防大丈夫かな?と思ってしまいがちですが、九州は室内でも蚊に刺される地域です。啓蟄が過ぎ、暖かくなってきたらちょっとノミダニフィラリアが危ないかも、と心配してあげた方がいいかもしれません。
ちなみにコレは今年はじめて患者さんから捕獲したマダニです
img_7410

最近は外の草むらのマダニから、人間にもうつる病気SFTS(重症熱性血小板減少症候群ウイルス)がニュースなどで報告されることもあり、山歩きやキャンプに行かれる方たちも用心するようになってきました。
草に潜むマダニは、動物の呼気などの二酸化炭素を感知して、その横を散歩する犬、猫、人間に飛びついてきて寄生する習性があります。あまり散歩に行かない子でも、ほんのちょっと外に出た瞬間に寄生されることがあります。

実はついこの間、大出血してた癌を輸血後、緊急手術で摘出してほっとした2日後に、患者さんの体にダニがついているのに気づいて青ざめたことがありました。
あんまり動けない老犬ですし、一体どこで寄生されちゃったのかしら…と思っていたら、やはりちょっとだけお外に出たことがあるとのことでした。

整備された歩道などでも、わずかな草むらがあればそこにダニが潜んでいる可能性はあります。また、直方だと森や林のあるところにはイノシシが住み着いてますので(当院の裏手にも8~9頭くらいの群れがいて、車道を歩いているところを遭遇します)それら野生動物や野良猫などが落としていくこともよくあります。

昼間に何もなくきれいな歩道でも、もしかしたら…と、今からの季節は十分ご注意ください。

  • いいね(26)

お花見いろいろ

最近昼間はとても汗ばむ気候になってきました。
うちの犬は短頭種(鼻ペちゃ)なので、GW過ぎたら早朝しか外出しにくくなります。というわけでこの時期は犬連れでよく花見に行きます。
今年も人出が少ない時を狙ってあちこち行ってきました✿

近所の山の神社の桜✿

img_7281

直方チューリップフェアはじめて行きました!
img_7457

チューリップの横に桜も菜の花も咲いていてお花見三昧です
img_7536

実は本院待合室も隠れたお花見スポットです✿
今の時期は藤と新緑がとても綺麗ですよ✿✿
img_7330

  • いいね(12)

シャンプーに慣れてみよう

どうも.シニア初心者のうちの柊です。
いきなり由美かおるシーンで失礼します(古い…)

img_6741

今年の冬は乾燥がひどく、肌荒れに悩まされるわんちゃん 猫ちゃんもとても多かったようです。
肌質にあったシャンプー&保湿ケアをすることで肌荒れを改善することもできるので、皮膚病治療の一環で良く私はシャンプー療法を飼い主さんたちにオススメしてます。
毛の長く伸びる犬種だと毎月トリミングサロンにお任せでもいいのですが、若い頃は月に1回のシャンプーで十分清潔を維持できていたのが、お年を取ってくるとお口周りお尻周りの汚れや、おしっこが体についたせいで自宅での頻回のシャンプーが必要になることもよくあります。

自宅でのシャンプーに若いうちから慣らしておくと 比較的シャンプーを怖がらずになるのでぜひぜひご家族でチャレンジしてみてください。

個人的に自宅シャンプーでコレが便利かな?と自分の中で思っているのがいくつかあるのでご紹介します。

1、逃げ出せない環境
img_6746
うちでは脱衣所のドアをロックしてシャンプー&ドライヤーをしてます。ドライヤー中にびしょ濡れで部屋に逃げ出されると悲惨ですし、ぬれた足で滑って危険です。
またドライヤーでとんでもなく毛が舞い上がるので、できる限り掃除しやすい環境ですると後片付けが楽になります。

2、タライ&すべり止め
うちは洗面所(脱衣所)の洗面台で洗ってますが、洗面ボウルで足を滑らしがちなので、ホームセンターや百円均一の台所用品で売っている食器が滑らないようにシンクに敷くすべり止めを置いて洗ってます。
もうちょっと大きい子だと、タライも便利です.最近ではペットバス用に底に水抜き穴がついているものも販売されてます

3、比較的いいドライヤー
img_6881
飼い主と兼用のドライヤー
実は以前、私は髪の毛が腰に届くくらい長かったので乾かすのに苦労してました。ドライヤー変えるとびっくりするくらい乾きが速くなります。ペットを乾かすときは、裏の吸気口に詰まる毛を毎回マメに掃除しないとすぐ乾きが悪くなるのでご注意を。

4、タオル
img_6880
飼い主のお下がりです
上から2段目の白とピンクのタオルは、髪乾かし用の吸水性のいいやつです。コレも髪が長いときに使ってみて良かったやつです。

ちなみにタオルは柔軟剤を入れずに洗濯した方が吸水力すごく良くなりますのでお試しを

5、ブラシ
img_6879
タオルドライ、ある程度ドライヤーかけた後にブラシかけながら乾かしていくのですが、いちばんのオススメはスリッカーブラシなのですが、柊はスリッカーがとても苦手なのでピンブラシ使ってます。皮膚の薄くなったシニアのこにもピンブラシは肌あたりがやさしいのでいいかもしれません。

6、短く毛をカットする
コレが実はいちばんシャンプーを楽にする方法かもしれません。
長毛種は悩むところですが、実は毛を短くカットすると洗いやすく蒸れにくいのでシニアにはオススメです。うちも先代(ペキニーズです)は年取って心臓悪くなった瞬間に丸刈りにしてました…

  • いいね(58)

春を感じる瞬間✿

3月中旬になって急に暖かな日がふえてきましたね。もうヒートテック着るのが暑いくらいです!

さて今月のテーマ、春を感じる瞬間ですが 私は植物大好き人間なので花のつぼみが大きくなってくるともう春だな!といつも思ってます。
寒い季節に咲き始めるといえばロウバイや梅ですが、梅は先月のブログで太宰府の梅の画像をだしたので、今回は柊とおひな祭りをしたときの桃の花を✿✿✿

img_6865

3516477a-ade7-4096-8625-82d0fe11de03

親に似てこの子も植物好きです♡

ちょっとお話変わりますが、うちの卒業生、今月開業された岩崎先生♡由利子さんの病院のリンクが当院Hpのシニアケアのとこにありますのでご興味ある方ぜひどうぞ
↓↓↓
img_6683

あとうちのパピークラスのInstagramができたみたいなのでこちらもぜひ♡
↓↓↓
img_6895

  • いいね(15)

乾燥にご注意!

冬が来ると室内も外も乾燥してお肌や喉が痛みやすくなりますね。

前々から小型犬では冬は下腹部が粉吹いたようにカッサカサになったり皮がめくれたりする子が多いなとは思ってたのですが、お年を召して体の水分量が減ったシニアの子にとっては皮膚も調子が崩れやすい季節だと思います。

今回 乾燥+暖かい床やこたつに長時間皮膚を密着させたことで皮膚炎が悪化した子を見かけたので飼い主さんに協力してもらって画像紹介します。

ちょっと皮膚の悪いときの画像が出てきますので、苦手な方はみない方がいいかもです。

皮膚の検査と、細菌培養、薬剤感受性試験の結果で抗生剤で治療をはじめて良くなってきたね!と喜んだ矢先に悪化したのがこの画像。
img_6344

抗生剤を変えてもあまり変化なく、薬疹か自己免疫疾患まで疑って皮膚生検考えたのですが、飼い主さんが『朝に良くなっていて、夕方みると悪化する。 夜は布団で飼い主さんと寝てる』『昼は床暖房の上によくいる』と言われていたので、抗生剤併用しながら保湿と乾燥対策、それに床暖房極力切っていただいたら徐々に改善してきました。今これぐらいです。

img_6331

同じ時期に猫ちゃんで『こたつの天板の上でよく寝ている』とお聞きした子が腹部と胸の赤みかゆみ浮腫があり、こたつの電源を切っていただいてからよくなったケースにも出会いまし。

若い子でもここまでお肌痛むのですから、身動きが十分にできないシニアの子は定期的に床暖房や熱源を切る、寝ている場所を移動させる、皮膚に優しい素材のお洋服を着せる、などの工夫が必要になってくるかと思われます。
寒い時期はペットヒーターや湯たんぽ、カイロを使うこともふえますし、現代では床暖房があるおうちもあるので、その上にシニアの子を寝かせる場合は『乾燥+ちょっと低温やけど気味?』で皮膚が痛む可能性があることをお心にとめといて頂けるとありがたいです。

  • いいね(42)

受験の思い出(総合的に)

今季の冬は雪が少ないな~と思ってたら2月も中旬を過ぎようとするのに降ってきましたね.まだまだ飼い主さんもペットたちも寒さにご注意ください。
1月に太宰府天満宮に柊とお詣りに行ってきたので受験生の皆さんのために画像載せときます。わんことお詣りができる許可があるのは県内では太宰府と竈門神社だけなので(他は正式には許可されてない)柊と行くときは太宰府率多いですね。
img_5837

2月のブログテーマ 『受験の思い出』ですが、ちょっと全体的に自分の受験振り返っての感想ですが…

実は私は高校受験で、学校の先生や友達 まわりみんなが古沢受かるでしょ、と思っていた公立高校落ちてます。そのあとその高校に弟2人がフツーに進学してますので当時は結構悔しかったですね。
結果すべり止めで受かってた地元の私立高校に進学したのですが、そこの先生たちみんなにすごくお世話になりました。
私立なので先生の自由度が高いというか、公立を定年されて塾講師をされていた国語の先生や、九大出たてで予備校の講師になってそのあとうちの高校に来られた数学の先生なんかがいらっしゃってわかりやすい授業だなーと思ってました。また当時女子校だったのですが、大学へは推薦入試での進学率が高かったこともあって小論文や面接のレクチャーもすごく充実していてとても鍛われた記憶があります。

その後ものすごくタイミング良く、私の大学受験の年に母校 山口大学ではじめて普通科からの推薦入試が行われることになり(それまでは農業高校からの枠のみだったようです)推薦入試で滑り込むことができてラッキー!という受験の思い出でした。
高校受験で落ちてもいいことあるよ、って結論です。

ちなみに山大の獣医の当時の推薦入試面接は 教授助教授13人対受験生ひとり、というとてもメンタルやられそうなものでした。高校で面接の講習がっつりして度胸つけといてほんとに良かったなと思ってます。面接会場から泣きながら出てきた高校生もいましたし…

私の教授はそのときのことをすごく良く覚えていて
『犬の病気なんか知ってる?って質問にタマネギ中毒って言ってたよね?みんなの話題になってたよ』と後々まで言われました。よく考えたらフィラリアとかも当時知ってたのに、超緊張した場面で思い出したのが何故かタマネギ中毒。
実は漫画『動物のお医者さん』の第3話に出てきてたので強烈に覚えてたんですね。漫画好きでほんと良かった。
img_5931

  • いいね(12)

お水を飲みましょう

寒くなってくるとヒトもペットもなんとなくお水飲みたくなくないのは一緒だと思います。そしてトイレに行くのがおっくうになるのも一緒かと思われます。
しかし冬は、夏に比べて気温こそ高くないのですが、とてもとても室内が乾燥する季節です。そのせいか、尿路結石や腎不全など、水分不足や排尿回数の低下が原因で悪化する病気がわるくなりやすくなる季節でもあります。
夏よりももっと意識して水分をとりたいところです。

大学時代の授業で先生から『猫は水の味がわかるんだ』と教えられて衝撃を受けたことがありますが、個人的には猫ちゃんは特に水の好みにこだわりがあるような気がします。

飼い主さんたちの話を聞いたところ「風呂の水が好き」「蛇口から流れて出てくる水が」「温めた水」「コップにくみ置いた水」「井戸水しか飲まない」と様々な好みを聞いたことがあります。

ちなみにうちの先代、キリねこ姉さんはベランダの睡蓮鉢の水が大好きでした。柊もまねっこしてよく睡蓮鉢からお水飲んでました。
↓お水のむ順番待ち中です

img_6055

以前、腎臓のセミナーで鹿児島大学の矢吹先生(多分猫好き)のお話を聞いたときはかなり詳しく言われてて

・水入れは2個以上
・今まで使っていた水入れは絶対移動させない
・トイレや通り道に新しく水飲み場を作って、通りすがりに『おっ、水だ』と猫が気軽に飲め るようにする
・ファウンテン(滝、と言う意味 水が流れて循環するタイプ)
・水が美味しくなる水入れ

とかをチャレンジするといいよーと言われてました。
下の画像↓はそのときに先生から聞いた猫用の水入れです(緑のもの)うちでは柊と猫用に2個置いてあります
img_5782

関東の腎泌尿器外科がお得意な先生にオススメの処方食の話を聞いたときも、処方食より何より尿石症には水を飲ませなさい、とおっしゃっていたので、持病のある子にいかにお水を美味しく飲んでもらえるよう工夫することが大事かなと思ってます。

ちなみにお水の種類は軟水であれば「人間が普段美味しく飲むことができる水なら何でもOK」です。海外のミネラルウォーターや、ミネラルの多い汲んできた山の水や井戸水は避けた方がいいかなとは思います。

  • いいね(41)

2022年 今年の抱負

2022年はじまりました。今年もよろしくお願いします。

img_5555

なかなか大人数で初詣にも行きにくいご時世ですので、実家に帰省したときの朝散歩がてら近くの赤坂神社に柊とお詣りに。誰もいないので撮影し放題でした。

さて今月のテーマ、今年の抱負 ですが…
『初心忘るべからず』です。

四半世紀前に比べて 動物医療は検査も治療もびっくりするほど進化してます。
もちろん検査しないとわからないことの方が圧倒的に多いのですが、目の前の患者さんをよく見て触って、飼い主さんたちの「ここがおかしいかも?」という観察がまず診断の大きな手助けになるなるので そこを見逃さないようにしていきたいなと思ってます。

ちなみに下の画像は1月1日に2年ぶりに弟家族と会って散歩行ったときの画像です。はやくコロナが収束して みんなでいつでも会えるようになればいいなあと願ってます。

34cbe0aa-b7cb-4acc-8b13-430dbad81fec

  • いいね(101)

年末年始の異物誤食、中毒にご注意を

どうも。シニア初心者のうちの柊です。先月10歳になりました!

img_4980

クリスマスなので可愛いおリボンつけてあげたいのですが、彼女はすべてむしり取ってかじってしまうので、クリスマスのリボンつけての撮影はこれが精一杯でした。

この時期クリスマスツリーやクリスマスの飾り、お正月飾りでおうちが華やかになる季節ですが、それと同時に犬や猫たちがその飾りに興味津々になる時期でもあります。
友達の先生のとこが新しく迎えた子猫がツリーの飾りかじるので『ツリー飾り 誤食防止 ペット』で調べてみたら究極の誤食防止は『飾らない』という選択だった、と言われてましたが…実はうちは誤食防止で今年 ツリーを手放して知人にもらっていただきました。

↓うちよりも雰囲気似合っててうれしい 

img_4719

飾ったら絶対食べる方↓がいますので、素敵なとこにもらっていただいてよかったです。
img_5147

異物誤食は若いペットの方が多いんじゃないの?と思われがちですが、意外にもシニア世代のペットの異物誤食もとても多いです。
ホルモンバランスの崩れからの食欲増加や、危ないものの認識の認知機能が落ちるのでしょうか、タオルや毛布などの敷物や絨毯をかじる、ゴミ箱あさりも『いままでこんなことしなかったのに…』というような行動をすることがあり、赤ちゃん帰りをしたと思って対応した方がいいかもしれません。

また明子先生から、行動学の先生からの報告で『意外なものの中毒』のお話があったのでちょっと載せときます。

『ミノキシジル』という成分が入ったシャンプー、整髪剤、発毛剤は一滴なめても深刻な命に関わる中毒になることが報告されたとのことです。
飼い主さんが使用した手でペットを触って、ペットが毛繕いで被毛をなめたり、使用している飼い主さんの頭髪や枕カバーをペットがなめるだけでもNGだそうです。

人間という生き物は犬や猫に比べてものすごく毒に強くできているので『人間が食べて大丈夫なものはペットも大丈夫』ではありません

犬猫に深刻な中毒症状を起こすアボガド(アボガドから出るガスも危険なので、室内に置いとくのも危ない)アルコール、ブドウ、カフェイン、アロマオイルのローズマリーやラベンダー(ヒノキやミント、柑橘系のほぼすべてのアロマオイルも)などもヒトには良くてペット(特に猫)には危険なものになります。

寒くなってお部屋を閉め切る機会が多くなると思います。くれぐれもご注意ください。

  • いいね(137)

年末年始のお約束

12月のブログテーマ『年末年始に食べたいもの』ですが、うちは実家の母が信州出身なのでちょっと意外なものを年始年末に必ず食べます。

まず大晦日ですが「必ず」鰤の粕煮を食べます。
作りかたはとても簡単で、煮立った鍋に切り身のぶりを入れちぎった酒粕を入れて煮るだけです。白ご飯にも日本酒にもよく合う美味しい魚料理です。母はお年取りのごちそうと言ってました。

img_5039

img_5038

そして1月2日にはじめてお米を炊くときには必ずとろろご飯が出てきます。
画像がないのですが、山芋を大量にすりおろしてだし汁、塩、酒かみりん、生卵を混ぜて作ります。これもすごく美味しいです。なんか全部ご飯のお供ですね。
どちらも懐かしい実家のお正月の味ですね。お正月に帰れないときはよく粕煮だけ作って食べてました。

ちなみに私はお雑煮のだしはあご、具はカツオ菜がいちばん好きな根っからの福岡県民です。茅の舎だしができてからだし取りがすごく便利になりました…お正月の台所仕事がめっちゃ楽になったです。

  • いいね(51)