[獣医師]古沢 幸代

おくすり飲めるもん

7月はうちの先代ペキニーズのねむさんの命日なので、ちょっと投薬に苦労してた話を。

img_8722

ねむさんは晩年心臓病を患っていたので、多いときにはサプリも含めて一食につき5~6種類以上お薬を飲ませていました。調子を崩してからは毎日食事も手を変え品を変えしないと食べなくなり、お薬まぜると余計に食べてくれない、ということが多かったです。
鼻の高い(長い)わんちゃんだと、鼻をつかんで口を開けて、下の奥に錠剤を放り込むという手がありますが、短頭種なのでつかむ鼻がありません。

それでどうやって投薬していたかというと、口の真っ正面から、上の前歯と下の前歯のあいだ直接直接お薬を一個ずつつっこんでました。
私自身、錠剤を飲ませるときは病院では投薬用のインプッターを使うことが多いし得意なのですが、ねむさんはインプッターで飲んでくれないタイプでした。

お薬飲んで食欲が戻ってくると缶詰や肉や投薬用おやつ、チーズ、米、パン、サツマイモのふかしたの、いろんなものに混ぜて苦労して全部投薬していたのを覚えてます。

当時チュールは無かった時代なので、あったらもうすこし楽にお薬あげれてただろうなとはおもいます。ただどの子も調子が悪いときは食欲無くなるので投薬は難しいですよね。

飼い主さんたちに聞いてみると、子犬の離乳食やペースト状の食事に混ぜてスプーンで介助したり、直接放り込んだりしている方もいるようです。また、粉にして砂糖水でとかして、さじやシリンジ、スポイトで飲ませている方もいます。
(ちなみに粉にされて分包してある薬の場合、分包紙(袋)の一端を切って、そこから袋の中に直接砂糖水を少量ずついれて、シリンジなどで液を吸って、戻して、をくりかえすと効率よく最小限の液量でお薬溶かすことができます。手も汚れにくく、洗い物もふえません。この溶かし方は、子どもの頃久留米の聖マリア病院に入院してた弟(と母)から聞きました)

柊は予防薬以外はあまりお薬を飲んだことがないので、いざお薬飲まないといけなくなったときに飲めるかなあと心配していました(ちなみにわんちゃんの95%?が喜んで食べるというネクスガードスペクトラを嫌がるタイプです)
去年から予防的にサプリメントをいくつか飲み出し、しかも食事アレルギーが判明してしまったので市販の缶詰、処方食の缶詰もほぼほぼ使えず。毎日飲ませるためにはどうしようかな…と思っていたら、意外にもドライフードにトッピングしているものの上に置いたら食べてました。

img_1693

img_1695

よーくみると、茶色の小さな薬が一粒だけ混じってます。このあと完食してくれました。
ちなみにトッピングは麦、豚肉、ブロッコリー、セロリです。
セロリは柊の好物で、実家から野菜が送られてきて、段ボールごと床に置いておくと盗み食いしていくぐらい好きです。

img_1797

img_1796

余談ですが、セロリはもともと白菜のように大きく株になる野菜で、地元福岡県南では道の駅などでこの巨大セロリがよく売ってあります。スパゲティミートソ-スを大量に手作りするとか、親戚が集まってお酒のつまみにセロリスティックを作るときなどに買いに行きます。

お薬をドライフードや食事の上に置くと一緒に食べてくれるわんちゃんや猫ちゃんは意外といるようで、実家の柴、梨花ちゃんもその方法であげていたと聞いてます。
またドライフードやおやつビスケットを一個ずつ投げて口でキャッチする遊びができるわんちゃんだと、フード→フード→薬→フード の順番でパクパクたべてくれることもあるようです。
その子にあった投薬法をみつけるまでが難しいような気がします。

  • いいね(14)

夏祭りで行きたい屋台

今年も今年もコロナ禍で夏祭りはほぼほぼ開催されてないとは思いますが、もし行けるとしたら行きたいのは(大人なので)ビール+つまみになりそうな串焼き屋さんです。

福岡県はお祭りが多い地域ですが、特に小倉のわっしょい百万祭りなどはJRで行きやすいので数年前までは浴衣着てよく行ってました。がっつり食べてます。

img_2780

そしてわっしょいは会場広くて人多過ぎで花火ほとんど見えてませんね。

img_2774

子どもの頃は夏祭りは食べ物よりも金魚すくいが好きでした。地元は田舎でほぼ熱帯魚ショップが無かったので金魚を飼うためには、夏祭りの出店ですくってくるしかなく、親のOKが出たらこづかいを金魚すくいに投資してました。
大学生の時に、夏の帰省に下宿先から金魚を連れ帰るところをJR湯田温泉駅で同級生に見つかって爆笑されたこともあります。今は猫がいるのでちょっと飼いにくいですが。

早くみんなで夏祭りに行けるようになるといいですね。

  • いいね(78)

夏を乗りきる準備

どうも。シニア初心者のうちの柊です。

柊は若い頃から椎間板ヘルニアや関節炎が出ているので、爪や足裏の毛がのびすぎて滑って痛めないように、毎月必ず爪切りと足裏カットに来てます。
先月来たときは短頭種にはもう暑い時期だったようで、診察台の下がひんやり涼しいことを発見してそこで涼をとってました。

img_1083

img_1095

自宅では湿度が60%を超える日が続きだした頃から毎日クーラーをつけているので暑さでぐったりということはまず無いのですが、それでも冷たい床の上、玄関のタイルの上に移動していることが多くなってきました。

あまり硬い床で寝てばっかりだと体痛めそうなので、ひんやりタイプのベットを購入して置いてみたり、ソファーに掛けてる布を冷感触のものにしたりと模様替えしてみました。
また今の時期は冬にくらべて皮膚や毛がべたつくことも多くなってきたのでシャンプーの回数も増やしてみました。

ちょっと難点なのは、長毛の子はドライヤーにとてもとても時間がかかることです。
ペットサロンのような良いドライヤーは自宅にないので、家庭用ドライヤーで、さらに暑い時期は冷風も使いながらなので下手すると30分くらいかかります。

img_1254

実はうちは先代もペキニーズで、彼女は病気をきっかけに毛を短く刈ってあげてたのですが、刈ったとたん動きが軽やかになって、シャンプーやドライヤーの時間も大幅に短くなりとても楽そうでした。
先代のねむさん↓ ツルツルにカットしてもらってます。
img_1256

同じ犬種の方に聞くと、やはり暑さや皮膚炎対策でサマーカットにしたり、大病をきっかけに短くしたりされる方がいらっしゃるようです(単純に短いのが似合って可愛いからカットする場合もあります)

暑い夏に向けてすこしでも快適に過ごすことができるようにシニアの子にはよりいろいろ対策を考えてあげたいところです。

  • いいね(170)

学生時代の部活は…水泳やってました!

今月のブログテーマは学生時代の部活は?ですが、私は中学、高校、大学、と全部違う部活をしていました。
唯一の体育会系の部活が中学校の水泳部です。

この間、スタッフに『当時は室内だったのですか?それとも外のプール?』と聞かれたのですが、昭和末期の公立中学校ですので当然屋外プールです。ゲンゴロウやアメンボと一緒に泳いでました。

地区の試合になると、朝まず自転車で自宅から自分の中学行き、そこからみんなで自転車こいで試合のある隣町中学まで行って、試合で泳いで、また自転車で中学まで帰って、それから自宅に帰る、ということを真夏にしてました。今考えると体力無尽蔵ですね。
ちなみにGoogleで距離を測ってみたら、中学校間は自転車で22分かかると出ました。自宅からの距離考えると往復1時間半以上は自転車移動だったようです。

img_1204

ちなみに種目は自由形(クロール)長距離です。中学生なので400Mとか800M泳いでました。練習では毎回1~2km泳いでいたような…
長距離で鍛えた成果か大学生の時にみんなで海に遊びに行ったとき、サイクリング部の男子と100M競泳して勝った記憶があります。
ちなみによく泳いだりキャンプしてたのはここ↓ 山口県長門の青海島です。この間テレビに出てて懐かしくて写真撮っちゃいました。

img_0841

山口県の日本海側はどこの海に泳ぎに行ってもハズレ無し!というくらい綺麗です。
青海島は波が高くてちょっと危ないのですが、土井ヶ浜や油谷湾は波が穏やかで泳ぎやすくおすすめです。角島は混むのでドライブ向きかなあと思ってます。

  • いいね(25)

外飼いのわんちゃんも時々おうちの中に入ってみよう

2015年度の調査で日本ではわんちゃんの住む場所は室内83% 室外17%という報告がでています。主に中型~大型のわんちゃんのようです。

実はうちの実家で飼われていた梨花ちゃんも室外(外飼い)でした。

img_0863

本人は外の芝生でのびのびひなたぼっこしたり、涼しい日陰のテラスに入ったりとかなり自由に過ごしていたようです。

年に何回か自宅に連れてくることがあって、主に手術やワクチンなどの時ですが、室内でうちのわんこと一緒に1週間ぐらい過ごしてました。
今考えるとこれが後々、歳とってから室内飼育になったとき役に立ったのかもしれません。
ちなみに自分ちではこんな感じでくつろいでました↓

img_0861

シニアになってから急に飼育環境が変わると本人も混乱することもありますので、若いうちからときどきおうちの中に入れて、ちょっとずつ慣れさせていってみるのもいいかなとおもいます。
ちなみに実家では大雨や台風、寒波の時や、冬のシャンプー後に室内で過ごさせていたようです。

ただし、いつもと違う環境で、わんちゃんの興味を引くものが室内にはたくさんあるので、最初に室内に入れるときは飼い主さんが側にいてあげたほうがいいかもしれません。

テーブルの上やバックの中のお菓子、ゴミ箱の中身、電気のコード(携帯の充電コードも)、観葉植物、脱ぎ捨ててある靴下など、口にすると危ないものが室内にはたくさんあります。人間の乳幼児が室内にいて何か飲み込んでしまうかもしれない、ぐらいの意識で室内を片付けてからわんちゃんを家に入れてあげると安心です。

  • いいね(66)

体育祭…

今月のブログのお題、『体育祭で思い出の競技は?』ですが…超がつく運動音痴な自分にとっては体育祭の記憶は実は全くないです(TAT)

球を使用する競技すべて全滅、走るのも毎回脇腹痛くなって苦手で、唯一得意なスケートと水泳はふつうは体育祭競技に入って無いのでイヤすぎて記憶に残らなかったのかも…
というわけで、なぜか唯一記憶に残っている競技は、来年度小学校に入学する幼稚園保育園のちびっ子たちが、その地区の小学校の運動会でおどるダンス『はとぽっぽ』です。

童謡のはとぽっぽにあわせて踊るという、ただそれだけなのですが、証拠写真が残っているせいか風船をもらえて嬉しかったせいなのかよく覚えてます。写真が超昭和ですね。

img_0842

  • いいね(10)

体重測定をしよう

img_0436

どうも。シニア初心者のうちの柊(しゅう)です。
体重をさらされてガーン(>_<)なお顔です。女の子ですものね。

柊は9歳5ヶ月でまだまだ元気いっぱいなのですが、一般的には犬のシニア期に突入しています。また短頭種は比較的老化が早い犬種ですのでかなり早い時期からアンチエイジングに取り組んでます。こういうことやってるよ~と今後ブログに書いていこうと思います。

で、実は体重なのですが、食事を変えたりいろいろしたせいで柊、一年で体重が4.6kgから5.2kgまで増量していました。これはいけんとのことで地道に食事量減らして今5.05kgです。頑張りました。

一般的に犬も猫も、シニア期の初期は比較的肥満に、ハイシニアになると体重減少が気づかないうちに進んでいる印象があります。

肥満原因は単純に食べすぎや運動不足、加齢からくる代謝の低下が考えられますが、中にはクッシング症候群や甲状腺機能低下症などホルモンの病気が原因であることがあります。また極端におなか周りが大きいのに背骨の周りだけ痩せている場合は、おなかの中にしこりがあるばあいもありますので『たかが肥満』と思わずに心配になったらかかりつけの先生に相談してみてください。

逆に痩せていく原因はたくさんありすぎるほどあるので、単純な加齢から来るものなのか、病的なものなのか見極めるのが大事になってきます。

私も過去に飼っていたモルモットや、実家のわんちゃんが徐々に体重が落ちていって、全盛期の半分ぐらいまで痩せてしまった経験があります。
加齢からくる体重減少は止められないことも多々ありますが、ちょっと体重減ったかな?と感じたら先生に相談してみたり、加齢からくるものであれば食事の回数や間食を増やしてみるのもいいと思います。

体重測定は自宅の人間用の体重計(飼い主さんが抱っこして測って、飼い主さんの体重を差し引く)で、月に1~2回日にちや曜日を決めて測ったり、爪切りや肛門線絞りで定期的に来院される方は病院で測ってみるといいですよ。

  • いいね(133)

制服

4月になって寒暖の差が激しいですね。半袖でもいいかな?ってほど暖かい日もあれば、ヒートテック着ないと寒い日もあり、頭痛持ちとしては悩ましい季節です。
飼い主さん方も、わんちゃん猫ちゃんウサギちゃんもくれぐれも体調にお気をつけください。

さて今月のブログテーマ、学生時代の制服です。
中学はセーラー服だったのですが、高校ではブレザー+ベスト+ネクタイの制服でした。
自分たちの代からリニューアルしたので、先輩のお姉様方と撮った写真では私と同級生だけ制服が違います↓(赤いネクタイをしているのがうちの学年です。多分暑かったのでブレザー着てません)

img_9808

※ちなみに学校は九州女子大ではありません。書道部の大会の会場前での記念撮影です。

当時はお姉様方の昔の制服の方が大人っぽくていいなあと思っていました。ネクタイ毎日結ぶのもとてもたいへんでしたし。

このあとぐらいからバブルがはじけて女子高生ミニスカート全盛期に突入していくのですが、中学校まで先輩は皆、スカート丈はとても長かった気がします。
↓こんな感じです(参考資料 スケバン刑事)

img_9809

  • いいね(26)

卒業式の思い出

3月のブログテーマ『卒業式の思い出』
高校の卒業式が3月3日だったので、今日投稿してみました。私の高校は女子校だったのでひな祭りが卒業式になったそうです。

高校の卒業式は画像が残ってないので画像は小学校の卒業式。
うちは進学する中学校の制服を着て卒業式に参加する習慣がありました。そして卒業記念にいただくものは…みんな長いロープみたいなのを持っていますが、実はこれ、田舎あるあるなのかもしれませんがしだれ梅の苗木です。

img_9241

母が大事に育ててくれていて、毎年綺麗に花が咲きます。
ことしはコロナの影響で帰れてないので見れないのが残念です。

p1000462

ちなみに上の画像のセーラー服の中でいちばんのチビすけが私です。当時の身長130cm代だったと思います。

  • いいね(30)

足が滑りやすくなってきたら🐾 

こんにちは。獣医師の古沢です。

p1000957

この画像の子は柊ではなくうちの先代のペキニーズ、ねむさんです。

保護犬だったので年齢不詳ですが、この頃で12歳~16歳でしょうか?だいぶ足が悪くなってきてフローリングでは滑りやすくなったために通販で購入した一枚ずつはがして洗えるカーペットを廊下に敷き詰めています。

今ではこのタイプのカーペットは百均でも販売されているようです。

また足の裏の毛や爪を短くカットしてあげることも、足が滑りにくくなる手助けになります。

ちょっと室内を歩きにくくなったかな?と思ったらぜひ足の裏の状態を見てあげてください。

  • いいね(12)