年末年始のお約束

12月のブログテーマ『年末年始に食べたいもの』ですが、うちは実家の母が信州出身なのでちょっと意外なものを年始年末に必ず食べます。

まず大晦日ですが「必ず」鰤の粕煮を食べます。
作りかたはとても簡単で、煮立った鍋に切り身のぶりを入れちぎった酒粕を入れて煮るだけです。白ご飯にも日本酒にもよく合う美味しい魚料理です。母はお年取りのごちそうと言ってました。

img_5039

img_5038

そして1月2日にはじめてお米を炊くときには必ずとろろご飯が出てきます。
画像がないのですが、山芋を大量にすりおろしてだし汁、塩、酒かみりん、生卵を混ぜて作ります。これもすごく美味しいです。なんか全部ご飯のお供ですね。
どちらも懐かしい実家のお正月の味ですね。お正月に帰れないときはよく粕煮だけ作って食べてました。

ちなみに私はお雑煮のだしはあご、具はカツオ菜がいちばん好きな根っからの福岡県民です。茅の舎だしができてからだし取りがすごく便利になりました…お正月の台所仕事がめっちゃ楽になったです。

  • いいね(51)