2013年3月6日 ロイヤルカナン ベテリナリーシンポジウム2013

ロイヤルカナン ベテリナリーシンポジウム2013 「消化器疾患アップデート」(福岡市・ホテルニューオータニ博多)

第1部「特発性慢性腸炎に対する食事療法」第2部「肝胆膵に対する食事の考え方―肝・膵疾患における低脂肪食の有効性」

参加者:山口潤/藤岡崇伯/楠瀬周永

消化器疾患は日常的に良く診る疾患であり、食事療法が奏効するケースも経験するため、消化器疾患に対する食事療法の知見を得るため参加しました。(藤岡)

消火器病に関する新しい情報があれば、と思い参加しました。(楠瀬)

難治性の下痢に対して、食事療法を積極的に試験給餌する有用性を知りました。