2013年6月19日

第6章に行ってまいりました。限定販売品を入手後、上映開始。猛将ドメルとの戦いも終わり、ついにイスカンダル本星へ。ラストに向かって盛り上がっていきます。いや〜、やはり漢な物語なのですが、女性ファン(年代は私と同じか、やや上?)もちらほらと。とにかく年齢層が高いのは仕方ないといったとこでしょうか。とはいえ現在テレビ放映もされているので、若年層にもうけ、プラモデルの売れ行きも上々だとか。プラモに関してはこのコスモゼロ、色分けは成型色でできており組むだけで色分けはされております。まさにバンダイ脅威のメカニズムですね。

  • いいね(0)