2014年11月21日

おはようございます。昨夜は映画「寄生獣」の試写会に行ってまいりました。
言わずと知れた同名コミックの映像化で、元々の発表は1988年ですから26年前の作品となります。当時、いろんな意味で映像化は無理だったんでしょうけど、今のCGの技術やテーマ性の高さから、ここにきて様々なメディアで展開されることになりました。
映画は前・後編の二部構成となっており、今回は物語の序章という位置付けになっています。これを「ALWAYS 三丁目の夕日」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」の「山崎貴」監督が手がけており、原作との差異はあれども所々ニヤっとできる演出なども含めて、絶妙な脚本と展開で楽しめる作品となっておりました。これには参加しているキャストの演技力も大きく貢献しているものと思われます。
多少グロテスクな表現もありますが、あそこまでぶっ飛んだ状態だとただのSFの面白さしかありませんね(笑)。リアリティーを超越しますから、怖くも何ともなくなります。一応PG12ですから、小学生以下への配慮はお願いします(笑)。深夜アニメとしても絶賛放送中ですので、よろしければそちらもご覧になってみてください。キャラクター観も微妙に違うので比べてみても面白いですよ。ただ今からみても出遅れてるか・・・。とりあえずコミックスを読み直すかな。


  • いいね(0)