2014年11月20日

「納谷六郎」さんが亡くなられました。とても優しい感じの役も多く、私の世代では「侍ジャイアンツで主人公の蛮を支える八幡太郎平」「仮面ライダーで怪我をした藤岡弘さんの後、2号が登場するまでの間の吹き替え」などで馴染みが深い方でした。
特に私が獣医という職業を知ったのはやはり「魔法のプリンセス ミンキーモモ(1982年版)」のモモのパパ(フェナリナーサのパパではないほう)だったりするんですが(もちろん当時からオタクでしたので)、その声を演じていらっしゃったのが納谷六郎さんでした。
とても幸せな家庭を築き、優しく、時に強く、ママを愛し、可愛い娘に恵まれる。そんな背景に憧れたことも、私が獣医というイメージに心ひかれたきっかけだったのかもしれません。六郎さんは今の私がいる一端を担っていらっしゃると言っても過言ではありませんね(付け加えておくとママを演じた「土井美加」さんのことが当時大好きだったので、そのせいもあるのかもしれませんが)。
先日、お兄さんの「納谷悟朗」さんもお亡くなりになられたばかりです。今頃、ご兄弟で芝居のことなどあれこれ、ゆっくりお話になられているかもしれませんね。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  • いいね(0)