歯の病気に気を付けて

みなさんに質問です!
『ワンちゃん・ネコちゃんは、虫歯になるでしょうか?』

答え:人と犬・猫では口の中の環境が全く違うため、人のように虫歯になることはほとんどありません。
しかし、歯周病は多いのです!

3歳以上のワンちゃんの85%以上もが、歯周病にかかっているといわれています。

歯周病になると...

ひどくなると歯が抜け落ちたり、歯周病菌やその毒素は炎症をおこした歯肉や歯周ポケットから血管に入って、心臓や腎臓、肝臓、肺などの臓器疾患を起こすこともあるそうです。

ワンちゃんの口が臭かったり、歯茎の色が赤いなど、兆候があったら要注意です。
(口臭の原因は歯以外のこともあります)

なので、定期的に病院でのお口の健康状態のチェックをおすすめしています。

もし歯周病になってしまったら…?

全身麻酔をして歯垢歯石をとる処置を行わなければなりません。歯垢は数時間で固まり、その歯垢は2〜3日で歯石になります。再び麻酔をかけ歯垢歯石除去をしないでもいいよう、毎日のお家でのデンタルケアが大切なのです☆