2018年5月のお題「思い出に残っている先生は?」

今月のお題は「思い出に残っている先生は?」です。 小学校の3~4年生の担任の先生かな。 「交通安全」をカラダで覚えさせてもらいました。 当時今よりずっと学校教育がユル~くって、時間割はあってなきがごとし。 明日はこれをやるから~みたいな感じでした。 社会も教科書通りじゃなくって、長野県の小学校と何か月もやり取りして、レタスが高原野菜としてたくさん作っているとかリアルな教育をしてもらった覚えがあります。 先生が毎日欠かさず私たちにやらせていたことが、「帰りの会」でのあいさつ。 「せんせいさようなら、みなさんさようなら」ではなく、 「右よし!左よし!右よし!オッケー!」という、横断時の左右確認動作。 丸2年間これをやったもんだから、今でも条件反射的に左右確認して頭の中でその言葉が出てきてしまいます。 先生、おかげさまで今まで車にひかれずにすんでいますよ☆

  • いいね(7)