2015年8月のお題「ぼく!わたしの!地元自慢!!」

今月のお題は「ぼく!わたしの!地元自慢!!」だそうです。

直方市が地元で、高校までを過ごし、大学で山口県へ、卒後しばらく関西にいました。

外で暮らすと直方の良さがジワジワきます。

それがふるさとってもんでしょうね。

まず生活に不自由を感じません。人が多すぎず少なすぎず、渋滞がなくほどほど車が走っていて寂しくなく、たいていの生活用品は近隣で購入できて、銀行や役所なども並んで待つことなくほとんどの用事を済ませられるという生活しやすいところです。

山と川があって、花と緑があって、寝ていると枕もとで虫の声。セミはかんべんしてほしいですが、コオロギや鈴虫の時期はそれはそれはぜいたくな音楽で眠りにつくことができます。

レジャーとしての海も温泉も車でちょっと走ればいろいろあるし、高速のインターだけでなくJRの主要駅も高速バスもあるのでコンサートやイベントで福岡や小倉へ、またそこから新幹線や空港へのアクセスもしやすい。

直方のイベントとしては、花火大会がイチオシですね。何といっても花火との距離が近くて迫力!大玉がドオーン!!と上がった時の空気の振動は、河川敷・花火の直下での観覧ならでは。遠くから見ていると物足りない感じがしてしまいます…。

車でドアからドアへの楽な移動が常なので、運動不足に注意です!

  • いいね(4)