院内・設備

当院中央診察室は、開放的なオープンスペースになっており、待合室からは中央診察室だけでなくさらに奥の手術室までも見通すことができます。飼い主さまは診察中の動物がどのような状態なのか容易にわかるようになっています。他に2部屋の小さめの診察室もあり、猫や小型の動物たちはそちらで診察しています。

院内MAP

中央診察室

待合室から見た診療室

どのような治療を受けているのか、ご自分の目で見守ることができます。

診察台で診察を行います待合室から見ることが可能

第2診察室

第3診察室

待合室

スタッフ手書きの楽しいためになるアナウンス、お知らせのポスター掲示、また動物と一緒に来院されたお子様の落書きコーナーなどなど大活躍しています。当院にお越しの際はぜひご覧ください。

手術室

2件同時に手術ができる広い手術室を備えています。手術時に多めの人員が必要な場合でも広い手術室でスムーズな動きが確保できます。麻酔時に動物の状態を把握するための生体モニター装置もCT用とあわせて3台を確保。安全第一を心がけています。常に清潔を心がけ、モニター装置や手術機材の整備も的確に行っています。

手術準備室

獣医師、動物看護師の手の洗浄を確実に行うための専用のシンクで手術前の消毒から確実に行っています。また、3台の滅菌装置を使って多くの手術器具・医療器具を確実に滅菌・準備して手術にあたっています。

臨床検査室

CT室

連続回転スキャンを行いながら動物が寝ている寝台を一定速度で移動させ、そのらせん状のスキャンデータからコンピューターで画像を作り上げます。≫CT特別講座

当院のCT(日立メディコ/ECLOS-4S)

画像診断室

トリミング室

トリミング室

処置室

入院室(犬用)

小型・中型犬の入院室です。下の部屋を2室連結すれば、やや大きめの犬でもゆったり過ごすことができます。

小型・中型犬の入院室小型・中型犬の入院室

大型犬舎

通常の入院室よりさらに広いスペースを必要とする大きな犬のための入院室を4室備えています。点滴の管や手術創をなめたりかんだりしないよう、首の周りにエリザベスカラーをつけても広々とした入院室で体をのばして休むことができます。

入院室(猫用)

猫の入院室は、犬の入院室とは別の部屋なので、犬と同じ場所にいることが苦手な猫のストレスを減らすことができます。

医療設備

COVIDIEN社が開発した、外科手術用の血管シーリング対応電気メス(ForceTriad)。血管を完全に閉鎖するため、術後の内出血防止や手術の時間も短縮でき、動物の負担も軽減できます。

FORCETRIAD

入院ドッグラン

状態によってはドッグランで軽く運動することができます。
駐車場にはあしあとマークが!来院の際にはご覧になってください。