2014年12月4日

おはようございます。
昨夜はweb上で、12月6日公開の完全新作劇場映画「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」先行上映会を観ました。バンダイチャンネル会員限定の先着4000人が観ることができます。今日も夕方からもう一回あるようですので、時間がある方は観られてもいいかもしれません。12月6日は本来であれば朝から劇場に並んで観ているところです。・・・が、今回は会社の創立記念祝賀会のため、いくらなんでも社長が抜けるわけにも行かず(笑)、神の采配かこういった形で早々と観ることができました。
最近のweb配信とPC、ハイビジョンテレビってのは相性もよく、高いクオリティで鑑賞することができます。これくらいのことができるようになると、試写会ってのはこれからこういった形にすべきでは?どうせ試写会に応募する時は個人情報が必要なわけですから、各局の会員登録をして観覧のセキュリティーをしっかりしておけばいいのではないでしょうか。
もちろん劇場で観てもらわないとわからない制作側の意図や、舞台挨拶、またイベントとしての価値はあるのでしょう。しかし、基本的に平日の夕方から実施される試写会に行きやすいかといえば、そうでもないはずです。
肝心の作品ですが、TVシリーズなり劇場での総集編を観ていない方はさっぱりワヤです(笑)。あくまでおまけのストーリーとして考えていただいた方がいいでしょう。もちろん観ていた方にとっては、旧シリーズも含めてニヤッとするところもあります。制作には他のアニメに関わってる方も多いので、パロディ(といえるかな?)っぽいところもあります。まぁ、ここは絶対ネタバレできないところなので多くは語りませんが、終わった後はそかそかそうきたかってな感じです。いろんな意味で楽しみにしておきましょう。
  • いいね(3)