2014年12月3日

こんにちは。今日は降ったり止んだり変な天気ですが、共通して言えることはとにかく寒いっ!みんな、暖かくして風邪などひかないようにしてくださいね。
週末、ガンダムのチケットを買った後、昼からのイベントの時間調整と空腹を満たすために赤坂から警固に向かって歩いていると、何やらカレーの匂いが・・・「八年カリー ボン田中」これは初めて見るなと思い、店内へ。
まずこういう時は、基本となるメニューを頼むのが私の主義でして、ビーフカレーを注文。後からいろんな方が入ってきましたが、なぜか定食(カレーは一切含まれず)を注文??これはしくじったかと思い、ドキドキしてカレーを待つことに。
やってきたカレーは、個人的にはとても好きです。コクがあり、若干スパイスに癖はあるものの、これは個性ととらえるべきでしょう。牛肉の煮くずれた繊維がルーの中にたくさん混在し、塊はなくともまさにビーフカレーと呼べる一品でした。タイミングが合えば、また訪れたいお店の一つですね。
ちなみに、つい最近知ったのですが「ボン」の接頭語は、「ボンカレー」からパクったのかと思いきや、「ボン」はフランス語で美味しいなどを意味する言葉なのですね。つまり「ボンカレー」とは美味しいカレーという意味で、先日亡くなられた大塚明彦氏のセンスは素晴らしいですね。
  • いいね(1)