2014年6月18日

娘の学校で開催された進路セミナーに参加してきました。・・・っていうか担任にお願いされたら普通出ますよね(笑)。
そこで今の受験システムや現状を聞かされたわけですが、なんか保護者やなんやかんやの言い分を聞けば聞く程、試験のシステムなんて崩壊していってる気がします。教科書からしか出題されないとか意味が全く分かりません。結局習ってないんだからできるはずがないっていう論法にすり替えられるわけです。日常生活においても応用が全く効かなくなるはずですよ。試験を作る側も考えなくていいから楽チン。・・・そりゃ日本の学力も落ちていきますわ。
んでもって、こんなものに意味はないと気付いた連中はセンター試験を廃止する方向に。結局よかれと思ってやってきたことが間違いということに気付き(誰もがわかってたとは思うけど)、大学側も本当に必要な人材を選別する方向になってきた?そんな過渡期がまたも続きながら、結局振り回されるのは子供達なわけですよ。
大学側も、誰でもいいから頭のいいやつを入れようから、大学の特色を生かした優秀な人材を作り上げよう!そのために必要な学力を持った学生を選別せねばということに気付いてるんだか気付いてないんだか。本当に頭のいい子どもなら、おかしいことにとっとと気付いて自分で道を切り開いてるんだけどね。
  • いいね(0)