2014年5月9日

昨日のライブ話の続きですが、本当に新しい出会いがありました。まずは「野副一喜」くんです。彼の都会感溢れるメロディーラインに乗せた甘い歌声にハートをわしづかみされることは間違いないでしょう。ミニアルバム「Chameleon」はやや曲数は少ないものの、色々な音の構成を楽しむことができ、山下達郎さんや角松敏生さんに影響を受けているだけあって、声の質や音の一つ一つを重視して聴かせてくれます。しかもなんと我が敬愛する「スガシカオ」さんの佐賀でのライブのオープニングアクトもつとめていたんですよ。とても気さくで好感度もめっちゃ高いです(笑)。次に「玉城ちはる」さん。今回は「大石由梨香」さんとのセッションで福岡に来られました。二人の名義でアルバム「Full Moon Nude」も絶賛発売中です。MCでの二人の掛け合いも面白すぎますが、その息のあったところは当然音楽の中にもある訳で、由梨香さんの透き通った声とjazzyな音楽に、ちはるさんのハートフルな声を重ねた音のキャッチボールは、二人の力が3倍にも4倍にも増幅されていく素晴らしいものになっています。また、ちはるさんのアルバム「ひだまり」で聴いていただく彼女の言葉は、本当に自身の思いがリアルに乗せられており、それは様々なことを現実にやってきた彼女の行動が力強さとなって伝わってきます。一流のエンターテイメントに魂を込めると、人にこんなにも感動を与えることができるんだということを教えてもらった気がします。オチではないんですが、MC・・・マジで面白いです(笑)。人柄を感じますし、三流の芸人よりも面白いっ!・・・って言っちゃったのは俺でしたね、ごめんなさい。m__m いずれもAmazonで購入もダウンロードもできますので、ぜひ聴いてみてください。

  • いいね(0)