2014年3月27日

これも偶然ですが、別件で立ち寄ったキャナルシティ。やったら子供が多い??親子連れ、カップル??、何か紙を片手に走り回ってる・・・と思ったら・・・あれか!巷を騒がしている「妖怪ウォッチ」。確かに可愛いし面白い。ポケモン要素を取り入れた、福岡の企業「レベルファイブ」の最新作です(エンディングの歌詞は九州弁だったりします)。もはやグッズはほとんど手に入らない幻のものになっています。しかし、仮面ライダー、プリキュア、ポケモン、妖怪ウォッチと親はたまったもんじゃないですな。それに乗っかる俺もまた子供ではあるのですが(笑)。妖怪ウォッチは我々世代にも楽しめる内容になっています。最近の子供向け番組は大人の鑑賞にも堪えうる要素がたくさんあり、大人もはまるのも確かにうなずけるとこではあります。だって「僕はしにましぇん!」とか子供は絶対元ネタ知らないはずだし(笑)。笑いがブラックだったり、お◯っこネタだったりするのって、基本タブーかもしれないけど子供はなんだかんだ言って好きですもんね。自分的には妖怪ウォッチに回せる資本がないからアニメを見ているだけですが、方向性を間違えればやばいことになってたかもしれません。

  • いいね(0)