2014年2月4日

先週末は久しぶりの「スガシカオ Hitori Sugar」に参戦してきました。ファンクラブが無くなってからは、メルマガ会員の抽選にもことごとく外れ(もちろん今回もですが)、一般発売の電話にチャレンジ!どうせ繋がらなくって、繋がった時には予定数の販売が終了しているいつものパターン・・・でもって、かけた瞬間「この通話はおよそ10秒ごとに・・・」???もしや???取れた!!本当に久しぶりのライブです。2011年にメジャーから離れてインディーズとして活動し続け、それでもいい音楽を作っていけば必ず評価されるとの信念のもと、今回は配信のみのミニアルバム「ACOUSTIC SOUL」はiTunesダウンロード数1位を獲得し、彼曰く「次のアルバムの製作費が出た」と笑いながら語っていました。決してぶれることのない彼の姿とともに、自分も信念を持って生きていくことは大事なんだと改めて思い知らされ、自分の道を進んでいこうと決意しましたね。そんなライブは彼の歴史を紐解いていきながら、インディーズで活動していた時期の集大成ともなり、アコギ1本でやれるライブの究極の形を見せられたのかもしれません。言い方は悪いですが本当にヤらしいコード進行とまとわりつくような音色。これで落ちない女はおらんやろってな艶っぽさ。エフェクターやループマシン、ミキサーなどの機械の力を借りているとはいえ、それをエンターテイメントとして会場に一体感を与えるのはすごいことです。次はバンドでのライブにはなると思いますが、決してこの期間は無駄になっていることはなく、次の活動に生かされていくことになるんでしょう。楽しめたとともに、今からの生き方に影響を与えてくれます。そして彼がとても大事にしている「Progress」の中にある「あと一歩だけ前に進もう」。そんな気分です。取っ付きにくい曲もたくさんあるかもしれませんが、もし縁のない方がいらっしゃったら一度聴いてみてくださいね。画像はライブ風景は撮影禁止なので引用させてもらってます。

  • いいね(0)